更年期障害の発生
2017年07月11日更新 2017年01月31日公開

自律神経が関係している更年期障害とその症状

女性なら一度は耳にしたことがあるはずの更年期は、ホルモン分泌が大きく関係し、自律神経も乱れやすいとされています。40代半ばから症状が出始めるといわれる更年期と自律神経について、ドクター監修の記事でご紹介します。

監修医師

この記事の監修者
 エストラビ参画ドクター先生

40代半ばの女性に現れるといわれている更年期には、自律神経が乱れやすくさまざまな不調が現れやすいといわれています。更年期の症状や自律神経との関係など、以下にご紹介していきます。

更年期とは

更年期とは、閉経を迎える前後5年にあたる期間のことを言います。卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なくなることで月経不順をはじめとする、さまざまな不調が引き起こされる時期といわれ、主に女性の45歳~55歳ころが更年期にあたるとされています。この更年期に現れる不調を総称して更年期障害と呼ぶこともあります。

更年期障害の症状

一言で更年期障害といっても症状はさまざまです。主な症状には次のようなものがあります。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュとは、暑くもないのに突然上半身がほてったり、のぼせたり、汗が止まらなくなったりする症状のことです。身体が熱くなったあとの急激な冷えや、上半身は熱いのに下半身は冷たいというような症状が現れることもあります。これは、自律神経が乱れて、血管の拡張や収縮をコントロールできなくなるために起こるといわれています。

不眠

なかなか寝つくことができない、眠ったとしても眠りが浅く、すぐに目が覚めてしまうなどの不眠症状があらわれることがあります。適度な運動を毎日続けることや、ぬるめのお湯に浸かることで改善できる可能性があるといわれている不眠症状は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が引き金となって自律神経が乱れることが原因とされています。

肩こり

肩や首のひどいコリを感じるようになることがあります。これも、女性ホルモン(エストロゲン)の減少による自律神経の乱れが原因とされています。首や肩のコリがひどい場合は、日常生活で負担をかけないように気をつけ、血行をよくするストレッチなどで改善される可能性があるといわれています。

頭痛

自律神経の乱れにより、脳の血管が収縮したり痙攣(けいれん)したりすることで頭痛が起こるといわれます。頭が重い、頭の一部だけが痛む、肩こりもあるなど、頭痛の種類はさまざまです。

めまいや耳鳴り

年齢を重ねることによって、また、自律神経が乱れることによって血管の収縮がうまくできなくなり、めまいを引き起こすことがあります。急に立ち上がったり、体勢を変えたりするときにおこりやすく、立ちくらみのような感覚になることもあります。非常に稀ではありますが、耳鳴りを感じるケースもあります。

動悸や息切れ

激しい運動をしたわけでもないのに、急に心臓がドキドキし、息苦しく感じることがあります。これも自律神経の乱れが原因だといわれています。

イライラする

感情をコントロールするのが難しくなり、少しのことでイライラしたり、うつ状態になったりすることもあります。これは女性ホルモンの分泌量が変化することで起こるといわれています。

更年期障害の症状は、身体に症状があらわれたり、精神面に症状があらわれたりします。症状の現れ方には個人差があり、症状にまったく気づかず過ごせる方もいれば、上記の症状がひどく現れ悩まされる人もいます。しかも、数年にわたって症状が続く場合もあります。症状が重い、長く症状が続く時には病気が潜んでいることも考えられますので、医療機関を受診することをおすすめします。

更年期障害と自律神経の関係

上記に既述したように、更年期にあらわれる不調は、自律神経の乱れが原因となっているケースが多くあります。これは、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌と、自律神経のコントロールをつかさどる視床下部が関係しています。

女性ホルモン(エストロゲン)は、脳から卵巣に指令が出ることによって、卵巣から必要量が分泌されます。しかし、年齢を重ねることで卵巣機能が低下し、脳からの指令に対して女性ホルモンを分泌しきれなくなっていきます。すると、脳にある視床下部は女性ホルモンの分泌を促そうと卵巣に指令を送り続けます。自律神経は、同じ視床下部でコントロールされているため、混乱が起こり自律神経のバランスが崩れてしまいます。この自律神経の乱れによって、上記のような更年期症状が引き起こされてしまうのです。

若い女性や男性にも起こりうる更年期

閉経にともなう女性ホルモンの分泌が減少することで起こるといわれる更年期障害ですが、近年では若年性更年期障害といわれるように、若い女性でも更年期のような症状が現れるケースが見受けられるようになりました。これは、ストレスや不規則な生活、無理なダイエットなどによるホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。

また、男性も更年期障害に悩まされることがあるといわれています。男性の場合も女性と同じで、加齢によって男性ホルモンの分泌が減り、自律神経が乱れることで更年期障害に悩まされることがあるのです。しかし、女性のように急激にホルモン分泌が減ることはなく、緩やかに時間をかけて男性ホルモンの分泌が減少していくため、気づきにくいといわれています。

男女ともに、40歳半ばを過ぎて不調を感じる場合、若い女性でも更年期に似た症状を感じている場合は、医療機関を受診してみることをおすすめします。

「更年期障害の発生」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play