更年期と妊娠・出産
2017年07月11日更新 2017年01月31日公開

更年期の妊娠について

更年期には月経の回数も減り、周期が乱れやすくなります。更年期とはどういった時期なのか、また、更年期になると妊娠しにくいのか、妊娠するにはどうしたらよいかについて、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

監修医師

この記事の監修者
 エストラビ参画ドクター先生

更年期をむかえると月経の回数も減り、周期が乱れやすくなります。女性ならば誰もが迎える更年期とは、いったいどのような時期なのでしょうか。また、更年期の体調の変化は妊娠にどのような影響を及ぼすのか見てみましょう。

更年期とは

更年期とは、閉経前後の約10年の期間のことをいいます。日本人女性の閉経年齢は、平均50歳といわれているので、おおよそ45歳から55歳くらいまでの期間が更年期となります。更年期の時期には、女性は卵巣機能が徐々に低下しはじめ、それによりホルモンバランスも崩れてきます。これによって、身体的症状や精神的症状が現れてきます。個人差もありますが、日常生活に支障をきたすほどの症状が出る人もおり、それを更年期障害といいます。更年期障害は、更年期の女性のうち、およそ2割から3割の人がなるといわれています。

更年期の排卵とは

女性は35歳をむかえたあたりから、卵巣の機能が徐々に低下してきます。40代に入ると、月経が乱れる場合も増えてきます。その後、45歳くらいになると、月経が順調であったとしても、無排卵の状態となる場合が多くなります。無排卵とは、年齢にともなって卵胞の数が急激に減ることで、卵胞内の妊娠可能な卵子がわずかしかないため、妊娠がしづらい状態となっていると考えられます。

きちんと排卵が行われているかチェックするためには、基礎体温を記録するとよいでしょう。体温が低くなる低温期と体温が高くなる高温期のグラフのうち、高低がはっきりしない場合もしくは温度差が0.3℃以下となる場合、排卵をしていない可能性が考えられます。

更年期で妊娠する可能性

年齢を重ねるとともに、月経不順が起こり始めます。月経不順になると、妊娠する確率も低下しますが、年に数回の頻度になっても、排卵がきちんと起こる場合があります。実際に更年期に差しかかり月経不順が起きている状態で、妊娠したということもあるようです。また、閉経したと思った場合でも、1年から2年の間は、妊娠する可能性もありますので、妊娠を望まない場合には、しっかりと避妊をしましょう。しかし、更年期になると卵胞ホルモンが急激に低下し、それとともに黄体ホルモンの分泌量が減少している状態となるため、十分に子宮内膜が発育しにくい状態になります。そのため、たとえ妊娠したとしても、流産のリスクが高くなるといわれています。

更年期の妊娠力を上げるには

40代に入って更年期を前にしての妊娠を望むなら、自然妊娠は難しいことを認識しましょう。卵子も年齢とともに老化していることを自覚し、徹底して生活を見直す必要があります。卵子の老化は、生活を見直すことで早めないことはできます。妊娠力を高めるためには、以下のような方法があります。

バランスのよい食生活

食事をする際には、タンパク質、糖質、脂質に加え、ビタミン、ミネラルを含めた5大栄養素をきちんとバランスよく摂取していくことが重要です。また、アルコール類も飲み過ぎには注意しましょう。

規則正しい生活

生殖能力を保つためには、起床時間と就寝時間を規則正しくすることが大切です。太陽が昇るタイミングで起き、太陽が沈むタイミングで眠るというような、人間本来の生活リズムを崩さないようにし、体内時計が乱れないように心がけましょう。また、体内時計の乱れは睡眠だけではありません。食事をする場合も、毎日3食しっかりと摂り、なるべく決まった時間に食べられるように意識しましょう。

適度な運動をして身体を冷やさない

血流が悪化すると、卵巣や子宮機能が低下しやすくなります。特に、身体の冷えは、血流を悪くする大きな原因となります。そのため、身体を冷やさないために、適度な運動や入浴を習慣にするとよいでしょう。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は血行をよくするのに効果があるでしょう。また、食事をする際には、できるだけ身体を温めるようなものを摂り、冷たいものは控えるようにしましょう。なお、喫煙は血流の悪化につながるといわれています。妊娠を希望するなら、ただちに禁煙しましょう。

クリニックを受診する

高齢妊娠のためには生活改善も大切ですが、さらに重要なことは、クリニックを受診することです。40代に入ってからの自然妊娠はごくまれであるといわれています。そのため、妊娠の確率を高めるためには、不妊治療が不可欠と考えられます。不安になる前に、パートナーと一緒にクリニックで検査を受けることをおすすめします。また、妊娠する前に、甲状腺機能異常や糖尿病など、内科的に異常がないかどうかもきちんとチェックしておくと安心です。乳がんを含めたがん検診も、しっかりと受けてから妊活を始めるとよいでしょう。

妊活をしていくうえで、妊娠や出産についての相談ができ、信頼できる医師に出会うことも大切です。自分に合った納得できるクリニックを見つけましょう。そして、高齢での妊娠は、時間との勝負であるということを意識して、積極的に行動していくことをおすすめします。

「更年期と妊娠・出産」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play